Month: 9月 2016

あることがあり各種ことを思い起こした

心療内科に赴きドクターはお薬を飲まないと治らないかもと言われましたが小さい頃に祖母が薬を毎日のように飲んでいて通常亡くなってしまいそれを見て薬物などと一緒で体に悪影響が出てしまいそうで薬に応戦があり親がお薬はやめておいた方がいいと言われ我々は最初から飲まないと決めていたし呑むことが難しいだ。ミールの発達をやり用紙に飯はいつに食べたなどを書いてきてと言われやっていましたが書いていると一概に召し上がることなどに疲れて食欲が無くなり今は心療内科に行って無くいくことが億劫になりました。富も加わり書くことも出来てないのに赴きがたくいくライセンスなんてありません。どんどん体調がひどく食欲も減ったのが聞こえるくらいだ。左足の親指などを触ったりしたら徒歩が痺れた場合とおんなじ見方があり触らなくても右足より少し違和感あるかなと思います。1年齢前に母方の祖父が亡くなりましたが亡くなった実感がないだ。あることがあり自動車イスだったんですが脳梗塞になり血行が悪くなってオペしたりしてて父方の祖母や母方の祖父を思い出してきました。ミュゼ ひげ 脱毛

新生児?生後5ヶ月時までの進展、養育について

養育は終日営業ですよね。毎日毎日、大変で一気に超える毎日。疎ましいこともあるけれど楽しいこと、幸せなことが多いから働けるのかもしれないですね。新生児の時は頻繁に居残る授乳。2?3スパンおきに起きなければいけない慣れない養育。なんで泣いているのかも依然としてわからず通常精一杯精一杯でした。気付いたら新生児ではなくなって楽に3ヶ月経過していました。その頃には首が座ってきて抱っこするのも楽になりました。養育にも少しずつ慣れてきて快眠時間ももらえるようになってきました。徐々に形相もさまざまになってきて可愛さが併せました。5ヶ月頃には寝返りもスペシャリスト。目線を離せばコロコロといったどっかへ行ってしまいます。グングン興味津々になり何でも口に入れるので細心の警報を払わなければなりません。新生児の時とは違った大変さでした。見かけが思えなくなればわめき、後を追って来るようになったり静かにしてるなと思ったら何かイタズラしていたりという目が離せません。会話を出して笑うようになったり形相を認識して女、父親がわかるようになったりというごっそり成長したなと驚きでした。当然可愛さは倍増だ。これからもどっさり成長して大きくなってくれたら嬉しいです。エピレ VIO